弁護士法人 荒井・久保田総合法律事務所

ヘッダーイメージ
ご相談の予約・お問い合わせ

釧路本店

事務所MAP
概 要
〒085-0017
釧路市幸町6丁目1番地2号AKビル

TEL

0154-32-0515

受付時間

平日9:00~17:00

無料駐車場完備

中標津支店

事務所MAP
概 要
〒086-1125
標津郡中標津町西5条北4丁目5番

TEL

0153-72-8121

受付時間

平日9:00~17:00

無料駐車場完備

釧路弁護士会バナー 法テラスバナー 勤務弁護士募集
弁護士 久保田 庸央
2020.02.20

脂肪と免疫力

 健康診断でBMIってありますよね。
 体重(kg)÷身長(cm)の2乗で求め、22が標準体重や適正体重などと言われています。
 さらには、25以上で肥満などと。

 かくいう私はというと…
 25超えてます。
 BMIから肥満の誹りを受けています。

 他方で、体脂肪率は20%前後。
 標準(+)で、こちらを使えば、肥満ではない…。

 以上の思考経過をみても明らかですが、世間一般では、肥満とか体脂肪というものを親の仇のように扱っています。

 では、本当に脂肪は無駄なのか。

 20歳のときよりも体重が減ったという人たちは、体重が変わらなかった人たちよりも死亡率が高いという研究結果があるとのことです。
また、体脂肪に免疫があるから、ボディービルダーは風邪をひきやすいなどという噂を聞いたことがあります。
確かに、体脂肪を落としてやせている時期は風邪をひきやすい気がします。
そう、男女問わず、無理してやせる必要は全くないのかもしれません。

 と、ある程度年を重ねると、体重を減らすのが本当に大変なので、そういう努力をしない言い訳をするために、体脂肪に免疫があるという噂の裏付けを探してみました。
が、そういう裏付けは見当たりませんでした。
どうやら、体脂肪が少ないとかぜをひきやすいというのは、
体脂肪 = 保温効果
体脂肪減少 → 体温低下 → 免疫力低下 というロジックのようです。

 いずれにせよ、現在、インフルエンザの季節ですし、新型コロナウイルスもどのように感染が拡大していくかも分からない状態です。アメリカでインフルエンザが大流行していますが、もしかしたら、以前からアメリカで新型コロナウイルスが流行していたのではないかということで、インフル症状だった人に新型コロナウイルスの検査をするということになったようです。

 うがい手洗いを徹底し、多少は太るのを気にせず、たくさん食べて平常体温を高く保ち、ウイルスを撃退しましょう。