弁護士法人 荒井・久保田総合法律事務所

ヘッダーイメージ
ご相談の予約・お問い合わせ

釧路本店

事務所MAP
概 要
〒085-0017
釧路市幸町6丁目1番地2号AKビル

TEL

0154-32-0515

受付時間

平日9:00~17:00

無料駐車場完備

中標津支店

事務所MAP
概 要
〒086-1125
標津郡中標津町西5条北4丁目5番

TEL

0153-72-8121

受付時間

平日9:00~17:00

無料駐車場完備

釧路弁護士会バナー 法テラスバナー
弁護士 荒井 剛
2012.04.27

きっかけは「都会の森」

私が弁護士になろうと思ったのは高校二年の夏でした。きっかけは、ささいなことです。たまたま当時みていたドラマに影響を受けたからでした。

高嶋政伸さん主演の「都会の森」というドラマでした。主題歌は、徳永英明さんの「壊れかけのRadio」です。高嶋さん演じる主人公は、弁護士になったばかりです。その主人公が取り組んだ刑事事件の被告人が本当に犯人なのかどうか、ストーリーが二転三転した結果、最終回で被告人に対し無罪判決が言い渡され、主人公が法廷で恥ずかしいほど号泣するというものです。

無罪判決で号泣しているシーンは大げさかもしれませんが、単純な性格である私の眼にはすごくかっこ良く映った記憶がありましたし、思わず泣いてしまいました。

ドラマの内容はもう二十年近く前のことですから詳細は忘れましたが教え子を庇うために虚偽の自白をした教師である被告人が弁護人に対してもしばらく嘘を突き通していたと思います。しかし、何かひっかかるものを感じ、被告人が無実だと信じる主人公が時間をかけて調べていき真実を知り、苦悩しながらも、やはり庇うのは誤りであって庇うことは教え子にとってもよくないと被告人を説得して、ようやく無罪判決を勝ち取ったというものだったかと思います。

庇われた少年も過剰防衛だか緊急避難にあたるとしてお咎めがなかったかと思います。現実の世界では、そもそも被告人には犯人隠避罪の成否が別に問題となったり、少年も本当であれば、少年法にもとづき少年審判が行われるはずですが、そこはドラマなのでせっかく庇った教師が無罪判決をもらっても少年がブタ箱にはいってしまったら感動が薄れてしまいますのでドラマとしては気分よく見終わることができました。実は、江口洋介も出演しており、ドラマとしても結構楽しめました。

よく弁護士になろうと思ったきっかけはと聞かれることがあるのですが、本当に何気なく見ていたドラマがスタートでした。とはいえ、その後すぐに弁護士になれたわけではなく司法試験に合格したのは28のときでした。また、刑事弁護人に憧れていた割には、司法試験合格後の司法修習生時代の刑事弁護科目の成績はいまいちでした。いまいちどころか授業が終わった後、教官にこっそり呼び出しを受けていたほどでした。

しかし、それがあったからこそ刑事事件では、謙虚に取り組み、被告人の話をじっくり聞き、なにか引っかかるものがあればとことん確認し、被告人が無実である、あるいは、起訴事実の一部が間違っていると信じられたら絶対にあきらめない姿勢で臨めているのではないかと思います。

ここで誤解してほしくないのですが、被告人が嘘をついているなと感じながらもあれやこれやといちゃもんをつけて無罪を争うべきと言っているわけではありません。弁護士になって100件以上刑事事件に関わってきた実感として間違いなくいまでも冤罪が発生しています。

検察側の立証が結果的に不十分なため無罪になるケースもありますが、立証以前の問題でまったく無実の人が起訴されてしまうケースが起きているのです。無実の人が間違って裁かれるのだけは避けなければいけません。

今後ももし自分が刑事事件に関わり、被告人が冤罪を主張し、それが信じられるのであればあのドラマのように苦悩しながらも最後は法廷で無罪判決を聞いて涙したいと思っています。000haもあり、日本で一番大きい湿原と言われています。タンチョウの営巣地となっていることや絶滅危惧種とされるシマフクロウ、オジロワシ、オオワシや日本最大の淡水魚のイトウなども生息していると言われ、日本では唯一のキタサンショウウオの生息地でもあります。

釧路湿原は1987年に国立公園として指定されましたが、すでに1980年にはラムサール条約登録湿地に登録され、国際的にその価値が認められておりました。

ラムサール条約とは、正式名称を「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といい、現在、160か国が加盟する国際条約です。日本国内でラムサール条約湿地に初めて登録されたのが釧路湿原です。絶滅危惧種であるタンチョウの繁殖地であることやハクチョウ類の越冬地、渡りの中継地であることが評価されたものと思われます。

ラムサール締約国会議(通称COP)は、各国の湿地の現状、保全の取り組み等を話し合うため、およそ3年ごとに開催されます。これまでに10回開催され今年の6月にはCOP11がルーマニアのブカレストで開催される予定です。COP5は1993年にここ釧路で開催されました。アジアで開催されたのは、COP5の釧路とCOP10のチャンオン(韓国)のわずか2回だけです。

日弁連でも湿地保全に関わる取り組みを行っており、韓国で開催されたCOP10(2008年)ではNGOとしてNGO会議にも参加し、日弁連としてブースも出しました。私も数日間、チャンオンに滞在しました。機会があれば今年のCOP11にも顔を出してみたいと思っております!