弁護士法人 荒井・久保田総合法律事務所

ヘッダーイメージ
ご相談の予約・お問い合わせ

釧路本店

事務所MAP
概 要
〒085-0017
釧路市幸町6丁目1番地2号AKビル

TEL

0154-32-0515

受付時間

平日9:00~17:00

無料駐車場完備

中標津支店

事務所MAP
概 要
〒086-1125
標津郡中標津町西5条北4丁目5番

TEL

0153-72-8121

受付時間

平日9:00~17:00

無料駐車場完備

釧路弁護士会バナー 法テラスバナー 勤務弁護士募集
弁護士 荒井 剛
2020.12.23

ハンバーガー愛

突然ですが私は大のハンバーガー好きです。
一緒についてくるフライドポテトも大好きですね。
「ハンバーグ」も好きですが、バンズ(パン)でパティ(肉)を挟んで食べる「ハンバーガー」が好きなんです。高校時代はほぼ毎日のように食べていましたので体の半分がハンバーガーでできているかもしれません。体調が悪いときでもハンバーガーを食べると逆に体調が良くなるのではないかと思うほどです。

今年は新型コロナウイルスの影響により、めっきり出張が減ってしまいましたが、それまでは出張のたびにハンバーガー専門店を探してはハンバーガーを食らうというハンバーガー食べ歩きをしていました。数えただけでもこの数年間ですでに50軒近くにもなりました。

なぜ、こんなにハンバーガーが好きなのでしょう?自分でもよくわかりません。
ギュッと肉汁が詰まったパティ、ほどよい硬さのバンズ、熱々に焼いたパティの上で溶けるチーズ、想像しただけでまた涎がでてしまいます。ハンバーガー専門店といっても所詮はハンバーガーではないかと思うかもしれませんが、店によって全然違います。パティ自体に味がついているかどうか、オニオンが輪切りなのかどうか、バンズにセサミ(ごま)がついているかどうか、パティ以外の具材(アボガド、レタス、トマト、ピクルス等といった野菜のほか、チーズ、マッシュルーム、チリ等)をどこまで入れるかによっても全然違います。もちろん、パティに使用する肉質も異なります。さらに、ハンバーガーのお供であるフライドポテトとの組み合わせも大事です。フライドポテトと一口にいっても細い「シューストリング」や三日月状の皮付きカットの「ウエッジカット」から形が異なります。今回は、ハンバーガーの話ですのでポテトの話はこれ以上しません。

ハンバーガーといえば、やはりワイルドでアメリカンなイメージがあるかと思います。ただ、アメリカのハンバーガーはパティ自体に味がついていないことが多いと思います(注:アメリカのハンバーガー専門店をたくさん食べたわけではないのであくまでイメージです。)

しかし、日本にある専門店は、きちんとパティ自体に下味をつけており、パティから溢れ出る肉汁自体も美味しいことが多いような気がします。最近では、アメリカの専門店でも、バンズ、野菜、チーズ、パティの大きさ、焼き具合などを選択し、オリジナルのハンバーガーを注文することができるシステムが導入されているようです。ただ、やはり重要なのはパティだと思います。パティに使われる肉質によっても食感が全然違います。味やボリュームは申し分ないのですが、一部ゴムのように固い部分がパティに含まれるため少し食感に難があるなと感じる専門店があります。好みの問題かと思いますが、私は、できる限りケチャップやマスタードをつけずに、提供されたハンバーガーをその状態のまま味わいたいので、パティへのこだわりが強いのだと思います。その日の胃腸の調子にもよりますが初見で行く店では、大体パティをダブルにして食べています。ただ、最近は、年齢のせいもありパティを1枚にすることが多いかもしれません・・・。

ハンバーガーについての軽いコラムを書こうと思いましたが、まさかハンバーガーの説明だけでこれだけの分量を取るとは思っていませんでした。すでに50軒近くも食べ歩いているためおすすめのハンバーガー店はたくさんあります。北海道、東京はもちろんのこと、青森、金沢、徳島でも美味しいハンバーガーを食べました。これをすべて紹介するのは難しいです。また、実際、全部紹介されてもハンバーガー好きではない人からすれば、どうでもいい話になってしまいますので、今回は4店に絞りました。




 
1 左上 五反田にある「フランクリン・アベニュー」
雑誌等のハンバーガー専門店特集では必ずといっていいほど取り上げられる名店です。私の中でも今の所、ナンバー1です。品川駅から歩くと12分位かかるのですが、閑静な住宅街を抜けた先にあります。店内は非常に品があります。座席がハンバーガーを調理するキッチンを眺めることができるような位置に配置されています。そこで、私は、じっくりとオーナーがパティを焼き上げる仕草等を観察しておりました。この店がナンバー1と考える理由は、オーナーのハンバーガーに対する愛情を一番強く感じたからです。ハンバーガーを調理する過程からオーナーのハンバーガー愛をすごく感じました。パティの置き方、パティを裏返すときの仕草、パティを見つめるその眼差しがとても優しいのです。こんなところを注目している人はあまりいないかもしれませんが、店長のハンバーガーに対する愛情の深さも重要だと思います。愛情のこもったハンバーガー。美味しくないはずがありません。上品で美味しかったですし、見た目もきれいです。ちなみに、このときは、マッシュルームスイスチーズバーガーを注文しました。

2 左下 釧路市内のハンバーガー専門店「eureka」
釧路市内にある唯一といっていいハンバーガー専門店です。私は、すでに20回以上は優に通っていると思います。店で食べることもありますが、テイクアウトすることが多いです。最近はコロナの関係でやっていないと思いますが店主さんがDJなので週末はパーティーイベントもやっていました。店主さんとは、ハンバーガー談義をすることがあるのですが、この店主さんも本当にハンバーガーが好きなんだなあって感じます。出張先で訪問したハンバーガー店を説明すると本当に羨ましそうに私の話を聞いてくれます。
ところで、写真には写っていないのですがここのチリフライは本当に最高です。今まで食べてきたチリフライの中では一番美味しいと思っています。ですのでテイクアウトするときは、ハンバーガーとチリフライ、これが大体セットになっています。

3 右上 品川駅のアトレ4階 「サラベス」
サラベスといえば、エッグベネディクトやパンケーキといった朝食で有名なニューヨーク発祥のレストランです。朝食で利用したこともありますが、実は、しっかりとしたハンバーガーもメニューにあります。朝食のために品川店を訪れたのですが、メニューにあった「サラベスグレートバーガー」の「グレート」の文字に目を奪われ、反射的に「サラベスグレートバーガー」を注文してしまいました。朝食にしては明らかにボリュームが多く、その後に行われた午前中の会議ではまったく頭が機能しませんでした。さすがに朝からバーガーを食べなくてもよかったかなと反省しました・・・。と同時に、そのように思ってしまった自分に喝を入れ、朝から注文した自分が悪いのであって、「サラベスグレートハンバーガー」様は何も悪くないのであって、「今度は必ず夜に食べに来ますから」と心の中で「サラベスグレートバーガー」に謝罪しました。
さて、肝心の味ですがベーコンの味が少し強すぎるかなという印象を持ちましたが、カリカリのチーズの部分にはしっかりとした塩味があり、とても美味しかったです。

4 右下 恵比寿の「burger mania」(バーガーマニア)
店の名前からしてもうたまりません。
ニューヨークのビジネス街通りにありそうなバーガー屋です。
しっかりと味付けされており美味しかったです。チーズのとろけ具合もよかったです。この手のボリュームあるハンバーガーは、パティから出る肉汁や野菜から出る水分で、食べ終わる頃のバンズがグチャグチャになったりすることが多いのですが、ここのバンズは変に水分を吸ってグチャグチャにならないのが素晴らしかったです。